★カネ無しpapaがクルマを愉しむ術(Sube)★

クルマが好き過ぎるがカネは無い(笑)オッサンは、面白いクルマ探索の旅に出るのだ!!

ホンダ コンチェルト(後期モデル) 

まさに小さな高級車。

f:id:rito_350gt:20191102153928j:plain

80年代ホンダは今は亡き英国ローバーと提携し「高級車とは何か?」を学んでいました。

 

それまでの乗用車と言えば「シビック」と「アコード」しか無い中で、新型フラッグシ

 

ップサルーンの「レジェンド」やバブル景気を見越しての「策」だったと思います。

 

そんな中で産まれて来たのがコンチェルトでした。

 

画像はフェイスリフトが施された後期モデル。

前期のレジェンドっぽい顔も良いですが、後期は切れ長のランプがカッコ良

かったと思います。

そうそう。この個体。塗装が痛んでません。やはり、「高級な塗装」をされてたのでし

 

ょうねー。 ホンダにしては・・・・・・・。

 

 

 

 

マツダルーチェ(5代目後期)V6 3000リミテッドグランツーリスモ

三次のベンツ。

f:id:rito_350gt:20191004112141j:plain

「三次ベンツ」と揶揄された(?)5代目ルーチェのほぼ末期くらいのモデルです。



初期は、全部ペッタンコなフロントバンパーで(5ナンバー枠に治める為?)グリルの

 

向かって右上に「mazda」のエンブレムが付いてました。

「V6 3000リミテッドグランツーリスモ」(長いグレード名だ・・)は、メッシ

ュグリルや、鍛造アルミを履いたモデルです。

 

f:id:rito_350gt:20191004112556j:plain

もう一台。

同じグレードと思われます。

BBSアルミは「純正」OP?と思いましたが、多分「後付け」でしょう。

 

いつも思うのが「末期までRE車ってあったの?」って事。

スバル アルシオーネSVX

良い色です。

f:id:rito_350gt:20190928205150j:plain

8年前の画像です。

ここの店も「閉店」してしまいました。

割と「ネタ」で使わせて頂いたクルマが多く残念です・・・・。

 

一時期レガシィにも水平対向6気筒のモデルがありましたが、あんまし売れてなかった?

やはり日本じゃ4気筒ボクサーターボなんですね(最近ターボすらラインナップから消えてくスバルのクルマ・・・)

 

f:id:rito_350gt:20190928205650j:plain

11万キロ超えてますが、現在なら、もう少し高いプライスになってそうです。

 

 

 

日産マーチターボ

「superじゃない方」

 

f:id:rito_350gt:20190924234133j:plain

初代マーチのホットモデルと言えばツインチャージの「スーパーターボ」があまりにも

 

有名ですが、それが出るまでトップだったのが「マーチターボ」です。

 

当時は日本でもコンパクトホットハッチはブームで、スターレットやカルタス、シャレ

ードなどのエントリーモデルにもターボモデルが用意されていました。

 

当然日産もマーチにターボを載せて来るのでした。

 

外装はエアロパーツにフロントバンパーの「丸型フォグ」がポイント。

 

コイツは後の「スーパーターボ」にも受け継がれて行くのでした。

 

 

 

いすゞフローリアンSⅡ(後期角目)+スカッキエーラ(!)

こんなお前を見たかった(涙)。。

f:id:rito_350gt:20190917180139j:plain

このオーナーは本当に素晴らしいと思いました(笑)。。

 

「解かってらっしゃる」と。

 

何かと「不遇」な扱いの後期フローリアン(笑)。。

しかしながら、ウチの中では、当時我が家で乗ってた初代ジェミニの「上」

に位置する「高級車」と思ってました(笑)

f:id:rito_350gt:20190917180358j:plain

やりたくても誰もやらなかった(?)ジウジアーロデザインの「スカッキエーラ」を

角目117でなく、あえてコイツに履かす!!

 

もうお腹いっぱいだァ~・・・・・(と一人喜ぶ”変態”でした)

 

・・ってか改めて見るとヘッドライト周りの「後付け感」が物凄いわ。

 

確か「上から被せてるだけ」なんですよね。

 

そんな所も大好きです(???)。。

 

トヨタ プロボックスワゴン

「アシ」に一台欲しい。

f:id:rito_350gt:20190912235440j:plain

現在無くなってしまいましたが、プロボックス・サクシードには5ナンバーのワゴンがありました。

内容的には別に豪華装備とか付いてるわけでも無く、ボディカラーが少し「選べる」ようになってるくらいのモンでしたが、

 

カタログがアツいのよ。

 

「僕たちのバックパッカー」・・だっけな?現在手元に無くてワカランですが、

 

なんか免許取り立ての若者にアピールしてんですね。

色々遊び道具積める。「好きに使い倒してくれ!!」みたいな。

 

f:id:rito_350gt:20190912235938j:plain

コイツのシンプルさとか「速さ」?とか、ぶつけても割と「営業車」の廃車とかあって

パーツも手に入りやすい(?)とか。

若者が「クルマを知る」のに最適な「教材」じゃないか?と。

 

ただ、どう見ても「営業車」なんで、下手すると自分が仕事で乗ってるクルマにプライベートでまで乗りたかない・・・ですよねー。

 

個人的に「趣味のアシ」として欲しい一台です。

 

 

 

 

三菱エメロード

意外とイケてる・・・かな?

f:id:rito_350gt:20190902222523j:plain

現役の頃は「その他大勢」にしか見えなかったエメロード

 

時間が経ってから見てみると、意外とカッコ良かったんだなーと思いました。

 

f:id:rito_350gt:20190902222808j:plain

テールも良いカンジです。

ただテールランプを隠すと(画像上)カリーナED(3代目)に

見えるのが何とも・・・・ね。