★カネ無しpapaがクルマを愉しむ術(Sube)★

クルマが好き過ぎるがカネは無い(笑)オッサンは、面白いクルマ探索の旅に出るのだ!!

三菱ミニカ(4代目後期)エコノ

やっとバンも新型に。

f:id:rito_350gt:20190419001823j:plain

未だに良くワカラナイのが、「アミ55」以降のミニカは「4代目」なのか?

F4のビッグマイナーチェンジなのか??

 

・・・こういうの良くあるハナシです。

ホンダライフだって復活した「二代目」のすぐ後に「新規格サイズ」が出るのですが、

あれも「三代目」なのか?もっと言えば、360時代のライフと90年代に出たライフは「別物」だから、初代も二代目も無い・・・

 

るせー。だまれ。

 

・・「困ったらウィキぺディア」なのです(???)。

f:id:rito_350gt:20190419002956j:plain

ミニカエコノの少し前の御姿・・・・。

360時代の「バン」に550エンジンを搭載し、クラシカルに売っておりましたが、

 

「アルト47万円」の衝撃は大きく、ついにアミ55をベースにバンを作り対抗してきたと言うワケですね。

 

f:id:rito_350gt:20190419003350j:plain

当時ミニカ=F4やアミ55の「プリンとした丸いお尻」の印象が強過ぎたので、

このボクシーな後ろ姿は新鮮でした。

f:id:rito_350gt:20190419003615j:plain

何と、自社でターボをやってた強みか?ついにミニカエコノにターボモデル登場。

軽自動車初のターボとなるのでした。

 

※タイヤに座ってる方は「宅〇伸の若い頃」ですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ ファミリア(8代目)NEO

かなり挑戦的だった3ドアハッチバック

f:id:rito_350gt:20190418234931j:plain

好評だった7代目の後を継いだ8代目ファミリアは、「アスティナ」を

ランティス」に任せ(?)コンサバなセダンと、超ぶっ飛んだ(先代比)

3ドアハッチの「ネオ」を投入。

f:id:rito_350gt:20190418235040j:plain

デザイン良いのに売れなかった・・・・・。

後に判る事ですが、コンパクトながら、色々と荷物が積めて、室内もそこそ

こ広く実用的な初代デミオが大ヒットする所からして、もはや「時代」の求

めていたのが、ミニバンっぽく使える実用性だったワケですね。

f:id:rito_350gt:20190418235226j:plain

たった2年でNEOは消え、超コンサバな姿に変身!!!!

同じクルマか?これ。

→・・・実は欧州で、3タイプのボディで売ってたうちの国内未導入だった

「3ドアHB」を日本に投入。NEOは、海外じゃ「323C」と言うク

ーペ扱いだったのだ。

f:id:rito_350gt:20190418235331j:plain

NEOの特徴の一つ、ガラス窓付きリアハッチ。

「サイバーCR-X」同様に後方視界悪化を防ぐ「策」でした。

この個体は、サイドストライプも健在で良いコンディションですねー。

 

トヨペットクラウン(二代目)デラックス(?)とスーパーデラックス

二代目ってカッコ良いわー。

f:id:rito_350gt:20190417223925j:plain

なんつーか50年代のアメ車・・でも無いなー。感が出てた初代から一変し、

カッコ良いセダンに生まれ変わった二代目クラウン。

 

ウチの親父も最初の愛車は「いきなりクラウン」でした。

しかもトヨグライドだったらしいらしい。

しかし、エンジン掛からん事があり(昔は普通の事だったらしい?)

 

クランクを突っ込んで回してエンジン掛けるんだって。

 

「うそだろ?そんな戦前のクルマみたいなの本当にあったの?」

 

・・・あったそうな。

 

f:id:rito_350gt:20190417224802j:plain

なんか黒いのがいる。

 

〇テールではない。

ガーニッシュが付いてるなー。

f:id:rito_350gt:20190417224932j:plain

フラッグシップの2000スーパーデラックスだわ。

 

なぜかボンネット開いてるぞ。

f:id:rito_350gt:20190417225252j:plain

グリルが誇らしげーーー。

 

「6」もカッコ良いですね。

 

 

日産セフィーロ(初代後期)

昭和→平成になる時に欠かせない話題。

f:id:rito_350gt:20190416180251j:plain

あと2週間程で平成→令和になりますが、昭和→平成の頃を知る者としては、

生前退位」になってくれて良かったと思います。

悲しい事とめでたい事が一気に来るってのは、なかなか混乱します。

そんな状況の「少し前」昭和63年の冬頃からセフィーロのCMの陽水さんが・・・・。

色々あったもんです。

 

やはり「新しい時代」は判っている方が、心の準備も出来ますよね。

 

このセフィーロは平成になってからの後期モデルです。

2.5リッターが追加されましたが、なぜかバンパーが大きくなり、なんかバランス悪くなりました。

 

兄弟車のローレルはほぼ変更ナシだったのになー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツダ サバンナRX-7(初代後期)GTターボ

 ホコリまみれでもカッコいいーー!!

f:id:rito_350gt:20190415213920j:plain

純正アルミ+ドアミラーの後期ターボモデルです。

良く見りゃ、フロントノーズ上の本来「mazda」エンブレムの付いてる位置

に、「TURBO」のエンブレムが。

そう言えばそうでしたっけ???

f:id:rito_350gt:20190415215137j:plain

とにかく、ホコリにまみれても、タイヤのエアが抜けていても、カッコ良いクルマはカッコ良いのでした。

三菱シャリオ(初代後期)1.8MX

ミッキーのシャリオ!!

f:id:rito_350gt:20190414214341j:plain

・・・と聞いてどんだけの方が解かるだろう??

 

80年代の「ジャッキー映画」に欠かせなかった(?)シャリオ。

 

コンセプトとしては初代オデッセイと同じなのに、どうしてアッチばっか当たる?

 

→時代が早過ぎた・・・。

 

f:id:rito_350gt:20190414215248j:plain

何とまあ1979年には、コンセプトモデルを出してたのね。知らなかった。

セッサーノのデザインっぽいなー。

 

それにしてもスゴイ!!

20年先を行ってたようなもんだ!!

 

スゴイと言えば、初代シャリオを集めまくってる方がいるんですよね?

 

 

 

スズキ 72フロンテ(3代目中期)GO/W

これがスティングレイルック。

f:id:rito_350gt:20190413152419j:plain

「スティングレイルック」登場でございます。。

 

先代の丸っこいスタイルも良いですが、コチラのルックスも好きでございます。。


この個体のグレードは、廉価グレード「GO/w」。

当時、空冷エンジン水冷エンジンが併売されてまして、

水冷モデルは、グレード名の後ろに「W」が付くのでございます。

 

ちなみにコイツは1回目のマイチェン後のモデルで「72フロンテ」と名乗ります。 

f:id:rito_350gt:20190413152539j:plain

10年前の記事ですが、それにしても良くぞ、こんな綺麗に残ってたもんだなーと思います。

 

細ーーいタイヤがタマラン。