★カネ無しpapaがクルマを愉しむ術(Sube)★

クルマが好き過ぎるがカネは無い(笑)オッサンは、面白いクルマ探索の旅に出るのだ!!

マツダ ペルソナ 2台セット。

インテリアイズムな「三次のED」?

f:id:rito_350gt:20190817010515j:plain

マツダも「作っちゃった」わけですよ。

プレセアとかエメロードみたいのを・・・・。

しかしながら、マツダは、「内装」でも勝負してきたワケです。

・・・って画像が無いので(涙)「ペルソナ内装」でググッって下さい。。。


この個体ホワイトですが、当時はゴールドが多かったなー。

 

f:id:rito_350gt:20190817010704j:plain

・・・そうそう。この色ですよ。

 

ここまで来ると「ユーノス300」見たくなりますが、ありません(涙)・・。

 

 

日産グロリア(330前期)4ドアHT GL-E

初期は丸目なのよ。

f:id:rito_350gt:20190805003508j:plain

330セド・グロの4ドアHTと言えば・・・・

 

f:id:rito_350gt:20190805003613j:plain

この顔面があまりにも有名ですが。

 

たしかグロリアだけ(?)初期は4ドアHTがセダンみたいな丸目4灯だったのです。

 

f:id:rito_350gt:20190805003803j:plain

しかし程なくして2ドアHTと同じ顔面の「Fシリーズ」が追加され、

 

次のマイチェンで「角目」?に統一されます。

 

f:id:rito_350gt:20190805004244j:plain

テールはそんなに変わってないですね。

 

もしかして「ハミングテール」ですかね?

 

当時の日産車って割と採用してました。

 

現在のアウディやらレクサスが多用してる「流れるテール」ですね。

 

光ってるの見てみたい。

 

スズキスイフト スポーツ(初代)

ラリーから産まれた「スイスポ

 

f:id:rito_350gt:20190804000441j:plain

「カルタス」の輸出名だった「スイフト」。

 

そんなスイフトが日本でも発売。しかし見ると「Kei」のワイド版みたいで、正直

 

「大丈夫かな?」と思いました。

 

f:id:rito_350gt:20190804001912j:plain

・・しかし、そんなスイフトが突然(?)WRCの「スーパー1600クラス」に

 

参戦。「イグニス スーパー1600」と名乗ったソイツは、やたらカッコ良く見

 

えたモンです。そして、そのジュニアWRCマシンの「市販版」として産まれたのが

 

初代の「スイフトスポーツ」でした。

 

f:id:rito_350gt:20190804003316j:plain

日本仕様には設定の無かった「3ドアハッチバック」をベースにしてくる所からし

 

てかなりの「ガチなヤツ」ってのが解かると思います。

 

その後二代目のスイフトにも追加設定された「スポーツ」は超人気モデルとなり、

 

以後「スイスポ」は「タイプR」「STI」同様に走り好きな方に愛される「ブラン

 

ド」となって行ったのでした。

 

 

トヨタMR2(初代)Gリミテッド・・だよね。

勘違いしないでね。

f:id:rito_350gt:20190801215621j:plain

その昔。

ドアミラーが「認可」される以前にフェンダーミラーだった国産スポーティカーは

沢山ありました。

セリカXX、R30スカイライン、三菱スタリオン・・・。

 

でも、でもです。MR2は最初っからドアミラーだったワケですよ。

それをわざわざフェンダーミラーにしてまで乗りたかったのですね・・・。

 

f:id:rito_350gt:20190801220357j:plain

間違いなく「MR2フェンダーミラー」なんて無かったと思うので、ターセルとか

 

カローラの流用かな?

 

トヨタ スターレット(KP47)クーペ

やっぱTSよな。 

f:id:rito_350gt:20190727234020j:plain

展示されていたスターレットです。

アドバンカラーがタマリマセン。

箱スカ、Z、2000GT・・・色々ありますが、ウチはスターレットがツボ

です(笑)。。

 

やっぱ「TS仕様」ですね。

 

f:id:rito_350gt:20190727234516j:plain

やはりコレを思い出してしまう(笑)。。

 

 

 

 

 

いすゞ ビークロス 

いすゞ最期の一矢・・・・。

f:id:rito_350gt:20190717225715j:plain

久々にビークロスを見付けましたよ。

なぜか、マツダのUカー店で(笑)

 

思えば、コイツも15年以上前のクルマなんですね。

f:id:rito_350gt:20190717230115j:plain

エグイデザインは、R35GT-Rをデザインした「中村史郎氏」によるモノ。

 

そう言えばヘッドランプやグリルの辺りにどことなく「らしさ」を感じます。

 

f:id:rito_350gt:20190717230512j:plain

近付くと樹脂パネルの劣化が・・・・・。

出た当時「いつかこうなるんじゃないか」と思っていましたが・・・。

 

f:id:rito_350gt:20190717230758j:plain

でもカッコええな~と思います。

トヨタ カローラセレス(中期)

実は「放置」はされていなかった(?)4ドアHT

f:id:rito_350gt:20190717012758j:plain

セダンやレビンは見ますが、なかなかセレスは見なくなってきた?と思います。

 

ワンオーナーで頑張ってる方がいて嬉しくなりました。

 

カリーナEDの弟分キャラだったセレス・マリノ。

 

ウチの義父が昔乗ってましたが、やはりリアシートは「それなり」で、普通の

 

カローラの方がよっぽど快適だったと思えます。

 

残念ながら世の中での4ドアハードトップブームは去ってしまい、

 

セレス・マリノは一代で消えてしまうのですが、後期の画像を見ると・・・

 

f:id:rito_350gt:20190717012942j:plain

あれ?AE111後期のアルミだ!!

 

末期のカローラツーリングワゴンも履いてた、このアルミ。

 

調べると、AE100系がベースだったセレス・マリノはカローラ・スプリンターが、

 

AE110にフルチェンジしても併売されたワケです。

 

その際に、アップデートが施され、パワーユニットがAE110・111のモノに。

 

そして、大幅に軽量化されたAE111レビンの恩恵でセレスも20㎏軽量になったそ

 

うです。 これは知らなかった。

 

ボディは同じなのに、メカコンポーネンツの一新で20㎏軽量化するとは。。

 

もしセレス・マリノ買うなら「末期」のモデルが推しですよ~。。

 

買う方おるん?